育毛剤

正しい育毛剤の選び方で失敗しない育毛

育毛剤の選び方には、いくつかのポイントがあります。薄毛、抜け毛が気になり出すと、焦る気持ちになるもので、売れている育毛剤やよく広告を見る育毛剤などを選んでしまいがちですが、それは正しい選び方とは言えません。まずは育毛剤にどのようなものがあるか理解した上で、最適な育毛剤を選びましょう。それが、失敗しない育毛につながります。ここでは、育毛剤の選び方について、必要な知識やポイントを解説していきます。

1、育毛剤には大きく分けて3種類ある

育毛剤には多種多様な製品がありますが、大きく分類すると以下の3つの種類があります。選び方の参考にしましょう。

①医薬品育毛剤

医薬品は、病気の治療・予防を目的としたもの。厚生労働省が認可しており、医薬品の規格基準書である「日本薬局方」に記載があります。

医薬品に分類されるのは多くは発毛剤で、医薬品育毛剤は種類が少ないのですが、「ミノキシジル」を配合した一部の育毛剤が医薬品に分類されています。育毛だけでなく、発毛効果も期待できます。

効果は強いですが、副作用の恐れがあるため、使用には注意が必要です。

②医薬部外品育毛剤

医薬部外品は、医薬品よりも効果が緩やかなもの。健康な状態の維持促進を目的としており、厚生労働省が認可した成分が一定量含まれています。

育毛剤の多くは医薬品で、発毛剤のような発毛効果はないものの、髪の毛を健康に育てる「育毛」や、抜け毛の予防に使われます。

効果が緩やかな分、医薬品育毛剤のような副作用の心配はありません。

③化粧品

化粧品は、基本的に皮膚の潤いやきめを保つなど、皮膚の健康を維持することを目的としています。

化粧品に分類される育毛剤は、育毛よりも頭皮の状態を整えることを重視したものになります。

2、種類別育毛剤のメリットデメリット

育毛剤の種類ごとに、それぞれメリットとデメリットがあります。

それぞれについて、メリットとデメリットの両方を理解した上で使用を検討しましょう。

①医薬品育毛剤

・メリット

医薬品育毛剤のメリットは何といっても効果が強いこと。薄毛の原因と体質が合っていれば、高い育毛・発毛効果が期待できます。

・デメリット

効果が強い分、副作用のおそれがあります。具体的には、頭皮の発疹や赤み、頭痛やめまい、胸の痛み、動悸、むくみなどです。副作用が出た場合は、使用を中止しましょう。

②医薬部外品育毛剤

・メリット

医薬部外品育毛剤のメリットは、副作用のおそれがなく、それなりの効果が期待できることがメリットです。医薬部外品育毛剤は、医薬品育毛剤と化粧品の中間の存在と言えます。

まだあきらかに分かるほどの薄毛ではなく、薄毛や抜け毛が気になり始めたという段階であれば、医薬部外品育毛剤で十分です。

・デメリット

あくまでも育毛や抜け毛の予防を目的としており、効果が緩やかな分、進行した薄毛の改善は難しくなります。また、医薬品育毛剤ほどではありませんが、体質に合わないことがあります。

③化粧品

・メリット

肌を整えることを目的としているので、大きなトラブルが起こりにくく、気軽に使えるのがメリットです。薄毛や抜け毛が気になるわけではないが、予防のため頭皮環境を整えたいというレベルであれば、化粧品でも十分でしょう。

・デメリット

医薬品育毛剤、医薬部外品育毛剤のようなはっきりした育毛効果はないため、すでに薄毛・抜け毛が気になる人には効果が不十分です。

3、医薬品育毛剤がおすすめな人

医薬品育毛剤がおすすめな人としては、薄毛や抜け毛が目立つぐらいまで進行している人。育毛だけでなく発毛も目的として育毛剤を使いたい人です。

4、医薬品部外品育毛剤がおすすめな人

医薬部外品育毛剤がおすすめな人は、薄毛や抜け毛は気になるが、まだあきらかに目立つまでは進行していない人。また、医薬品の副作用が心配な人や、肌トラブルが起こりやすい方は、医薬品よありは刺激が少ないので、医薬部外品をおすすめします。

5、選ぶ時のポイント

ここまで説明してきた育毛剤の種類、メリットとデメリットを踏まえて、育毛剤を選ぶ時には次のような点をチェックしましょう。

①自分の症状別にあった成分を配合されているものを選ぶ

薄毛や抜け毛には、いくつかの違った原因があります。たとえば、AGAによる薄毛、加齢による薄毛、ストレスによる薄毛など、原因によって効果的な成分や対策は変わります。

いくら評判の良い育毛剤でも、自分の症状に合ったものでなければ効果を発揮しません。まずは、自分の薄毛・抜け毛の原因をある程度特定してから、育毛剤を選ぶようにしましょう。

②価格や内容量をチェック

あまりにも安い育毛剤も不安ですが、あまりにも高い育毛剤は続けることができません。育毛剤は一定期間使い続ける必要があるため、継続して使える価格であることは大切です。

また、一見お得なように見えても、一回あたりの使用目安と内容量を踏まえると実は高いということもあるので、その内容量でどのぐらい使えるのかもチェックしておきましょう。

③安全性や評判をチェック

メーカーの公式サイトには、良い面しか書かれていないことも多いもの。できれば、口コミサイトなどで、その製品を実際に使った人の声を確認するようにしましょう。特に、自分と似た状態の人がいれば、その人に効果があったかは要チェックです。

また、効果の他に、安全面での確認も忘れないようにしましょう。口コミなどで評判を見ることはもちろん、公式サイト掲載の成分も一通り見て確認しておきます。

④全額返金保証などサポート体制をチェック

育毛剤にはどうしても体質によって合う、合わないがあるため、全額返金保証の制度があると安心です。また、使い方にコツが要ることもあるので、サポート体制がしっかりしていることも大切です。サポート体制がいい加減だと、たとえ返金保証があったとしてもきちんと対応してもらえない可能性もあります。

購入前に一度問い合わせをしてみることで、サポート体制についてある程度は確認することができます。

⑤低刺激なものを選ぶ

薄毛・抜け毛が気になる頭皮は、ダメージが蓄積しており、刺激に敏感になりがちです。そのため、育毛剤は、低刺激なものを選んだ方が良いでしょう。清涼感をうたったものなどは、使い心地が良いようで、刺激が強いことがあるので注意しましょう。

⑥保湿力が高いものを選ぶ

肌の健康を維持し、トラブルを防ぐためには、肌が潤っていることが大事です。これは頭皮も同様。頭皮の乾燥というのは気づきにくいものですが、薄毛・抜け毛などの頭皮トラブルがある人は、頭皮の潤いが不足していることも多いです。

⑦アルコールが配合されていない物を選ぶ

アルコールは頭皮にとって刺激となるもの。薄毛対策には逆効果です。

⑧国内で生産されている国内メーカーのものを選ぶ

国内で生産されている国内メーカーの製品の方が、まず、品質や安全性の面で安心です。また、日本人の頭皮に合った製品という点でも、国内メーカーの方がおすすめです。

⑨実際に使用してみる

育毛剤はどうしても合う、合わないの個人差があるため、最終的には使用してみないと分からない部分があります。上記のポイントを押さえたら、良さそうな育毛剤は実際に試してみましょう。その際に、返金保証制度などがあると試しやすいのでおすすめです。

6、育毛剤にはどのような働きの成分が配合されている?主な5種類の成分とは?

育毛剤には、具体的にどのような働きの成分が配合されているのでしょうか。一般的に、育毛剤に配合されている成分としては、5種類に分けて説明することができます。同じ目的の成分でも育毛剤によって違う成分が配合されていたり、配合がない成分があったりするなど、育毛剤の選び方にも参考になります。

①血行促進をする成分

血行促進により、育毛に必要な成分が、育毛に関わる毛根周辺の細胞まできちんと届くようにサポートします。血行促進をする成分は、ほとんどの育毛剤に配合されています。

②頭皮栄養

頭皮の健康や育毛に関わる栄養を補うことで、栄養不足により髪の元気がなくなったり、髪の毛が抜けたりすることを防ぎます。育毛剤の特徴が出やすい成分です。

③細胞活性成分

髪の毛の成長に関わる細胞を活性化させる成分です。より直接的に育毛に働きかけます。この成分も、育毛剤の特徴が出やすい成分と言えます。

④皮脂分泌抑制成分

皮脂の過剰分泌が頭皮環境の悪化や抜け毛につながっている場合、皮脂分泌抑制成分の配合された育毛剤を使用することで、頭皮環境の改善が期待できます。ただし、頭皮が皮脂不足で頭皮が乾燥している場合は、この成分が配合されていない育毛剤を選びましょう。

⑤男性ホルモン抑制成分

AGA対策の育毛剤には、男性ホルモン抑制成分が配合されています。AGAは、男性ホルモンが酵素により変化し、受容体と結合することで起こります。育毛剤に配合されているのは、この酵素の働きを阻害するものが多いです。

7、育毛剤を選ぶ時の注意点

育毛剤を選ぶ時は、先に説明したポイントの他に、次のような点に気を付けましょう。

①男性用、女性用は分けて使用しよう

男女兼用の育毛剤もありますが、男性用・女性用と育毛剤が分かれている時は、男性は男性用、女性は女性用を使うようにしましょう。これは、薄毛の原因によっては、男性特有・女性特有の原因があるからです。男性が女性用、女性が男性用の育毛剤を使うことで、効果がないばかりか、悪影響が出てしまうこともあります。特に、女性が男性用の育毛剤を使うのは避けましょう。

②売れているからというだけで選ぶのはやめよう

自分に合う育毛剤を選ぶためには、自分の頭皮の状態と薄毛の原因を把握し、それにあった育毛剤を選ぶという選び方が正解です。また、ここまで紹介してきた選び方に関するポイントなども参考にしましょう。売れている育毛剤だからといって、自分に合うとは限りませんし、開発よりも宣伝にお金をかけている育毛剤という可能性もあります。

③継続的に使用しよう

育毛剤の効果はすぐには表れません。これは、育毛剤がヘアサイクルに則って、髪の毛の成長をサポートするものだからです。3ヶ月~半年程度は使ってみて、自分の肌に合うか、効果を実感できるかを見てみましょう。

④使用したら継続的に続けられるものを選びましょう

先に述べた通り、育毛剤で効果を得るためには継続的な使用が必要です。そのため、継続できる価格や使用感であることが大切です。

ピックアップ記事

  1. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  2. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  3. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  5. 若ハゲの原因とは?|すぐできる予防と対策を徹底解説!

関連記事

  1. 育毛剤

    育毛剤の正しい使い方|薄毛改善に効果的なポイント!

    最近薄毛が気になってきた人の中には、そろそろ育毛剤にチャレンジしよう…

  2. 育毛剤

    育毛剤の正しい使い方

    抜け毛や薄毛にお悩みの方の多くが、育毛剤を使用しているかと思います。し…

  3. 育毛剤

    市販の育毛剤と通販の育毛剤の大きなちがいとは?

    育毛剤は薬局で購入できるものや、通販で購入できるものなどがありますが実…

  4. 育毛剤

    育毛剤って効果ある?真相を徹底解明!

    1. 育毛剤の役割ってなに?「育毛剤」と検索するだけ…

  5. 育毛剤

    本当に効果が期待できる育毛剤の選び方

    育毛剤は種類が多すぎてどれをつかったらいいのかわからない。という人は多…

PAGE TOP