頭皮トラブル

頭皮のフケは薄毛の原因。フケの原因と対策とは?

フケはそれだけで憂鬱になりますが、頭部の垢なのでどんなに清潔にしていても出てきます。ではどのような原因があるのか、その対処法はあるのか、原因や予防法などを詳しく紹介していきます。

1、フケとは?

フケとは頭の垢と書きます。頭の皮膚から発生する老廃物の事を指し、生きていれば誰でも出てくるものです。ただ腕や脚などの垢とは違い、わかりやすい形で発生するため過剰に発生すると不潔な印象を持たれます。

2、フケの種類

①乾性のフケ

最もわかりやすいフケは乾性のフケです。手で払うとパラパラと落ちていく軽いもので、肩に乗っているものの多くはこのフケです。乾燥肌の方や、皮膚炎の方に多く症状がみられます。また新陳代謝の激しい方にも出る症状で、赤ちゃんにも多いですが病気ではありません。

②脂性のフケ

脂性のフケは頭皮に張り付いているタイプが多く、頭を掻くと爪の間に入るフケです。こちらはマラセチアとよばれる菌の日和見感染症と考えられています。日和見感染症とは健康な方は症状を起こさないものであり、皮脂の過剰な分泌も影響しています。

3、フケによって起こる頭皮トラブルとは?

①抜け毛の増加

乾性でも脂性でも、フケが出るということは頭皮や皮脂が健康ではないということを指します。フケが乾性であるか脂性であるかによって、抜け毛の理由も推測出来ます。またそのままにすれば、特に脂性の方は毛穴がつまり悪循環を起こします。

②かゆみ

かゆみにも多くの原因があり、フケとかゆみはセットであることが多いです。原因は頭皮の乾燥や菌による感染症、もしくはシラミなどの病気や過度なストレスです。フケの原因から痒みを発生させ、かゆみから頭皮に刺激やストレスを与えることが、フケとかゆみを増やします。

③ベタツキ

ベタツキは脂性のフケが出やすい状態です。これは皮脂からのバリアが過剰に出ている状態である可能性が高く、バランスが取れていない状態です。食生活やストレス、加齢も原因となります。またシャンプーのしすぎもベタツキの原因といわれます。

④臭い

頭皮の匂いは主に皮脂が原因です。皮脂が過剰に分泌されると、空気に触れて酸化していきます。またアンモニアや脂質が溜まる事にもなり、これらを栄養にする菌が繁殖し、脂の酸化臭、菌やアンモニアのニオイが起こります。

4、乾性フケの原因

①体質による乾燥肌

肌質は人によって違います。アトピーのような病気による乾燥もあれば、水分を肌に保持しにくい体質という状態もあります。これは生まれつきの方もいますし、加齢や生活習慣によって乾燥することもあります。

②季節的乾燥

冬場は湿度が低く乾燥しやすくなります。空気が乾燥することで肌の水分が逃げやすく乾燥につながります。また寒さから血行不良になり、頭皮の栄養が不足して乾燥することもあります。夏場の冷房も、乾燥と冷えを招き、頭皮の乾燥にも繋がっていきます。

③紫外線による乾燥

紫外線は表面だけでなく肌の深部にも影響を与えます。髪の毛で守られている頭部ですが、人が最も直接紫外線に当たる部分でもあります。紫外線はバリア機能を低下させ、肌の成長を邪魔し正しい機能を狂わせ乾燥を招きます。

④シャンプーの温度

シャンプーは冷たいままだと固まりますが、過剰な熱さは肌の乾燥を招きます。これは熱いお湯が皮脂膜まで溶かしてしまうからです。また血行が良くなり、一時的なかゆみが出てきます。40度以上のお湯でシャンプーをすることは、却って頭皮にダメージを与えます。

⑤シャンプーのし過ぎによる皮脂の落としすぎ

シャンプーのし過ぎは頭皮のバリアを守るため、過剰な皮脂の分泌と新陳代謝を起こすことになり、それに伴いフケやかゆみなども起こりやすい状態になります。また頭皮の角質が育つ前にシャンプーで洗い流すことで、フケを作りやすい環境になります。

⑥アレルギー

アレルギーの原因がハウスダストや食べ物など人によって様々ですが、アレルギー反応がおこることにより体内で炎症がおこり、頭皮にも炎症を起こします。また新陳代謝の異常も引き起こす為、肌が弱くなりフケが出やすくなります。

5、脂性フケの原因

①皮脂過剰分泌

皮脂が過剰に働く原因はいろいろありますが、皮脂から過剰に脂分が増えることで、頭皮の角質層がはがれおちたり、皮脂を栄養にする菌による頭皮の炎症がおこったり、そこから脂を多く含んだフケが発生することになります。

②マセラチア菌

マラセチア菌は日和見菌であり、常在菌ですので問題にはなりませんが、体の機能が弱っているとたちまち攻撃をしかけてきます。この攻撃によって脂漏性皮膚炎となることがあります。この脂漏とは皮脂分泌が多くなった状態を指します。

③免疫力の低下

免疫力の低下は病気だけでなく加齢からも起こります。免疫力が低下すれば常在菌も増え、皮膚のバリア機能も低下しますので過剰な皮脂分泌を行い、そこからさらに菌を増やしフケやかゆみを発生させます。

④脂っこい食事

脂っこい食事は体内の脂を増やすだけでなく、そもそもバランスがおかしいことになります。頭皮に必要とされている栄養はタンパク質やミネラル、ビタミン、亜鉛ですが、脂っこい食事には、これらの物が多くなく、特にファストフードでは期待できません。

⑤体質による脂性肌

過剰に太っていないし、脂っこい食事もそこまで多くないのに、脂性肌の場合は生まれつき、または思春期特有の脂性肌という場合があります。脂性肌の体質の方は、皮脂腺や毛穴が大きいという体質の方が多いです。

⑥シャンプー洗髪の方法

シャンプーは肌を清潔に保つために大切な事ですが、過度な温度や頻度になると、脂分や菌、皮膚そのものを傷つけてしまい、それらを守るために過剰な皮脂が出る事になります。40度以下のお湯で泡立てて髪を洗い、流す事が基本です。

6、フケの対策方法

①シャンプー

・種類

フケが過剰に出る方は乾燥であれ皮脂性であれ、頭皮に過剰な刺激を与えている可能性が高いため、優しく洗うアミノ酸系洗浄成分の入ったシャンプーの優しい洗浄力がおすすめです。それでも改善されない場合、薬用シャンプーがおすすめです。

・シャンプー方法

クシやブラシで髪を漉き、汚れを表面に浮かせてからぬるま湯で大きな汚れを落とし、シャンプーが泡立ちやすくします。シャンプーは泡立ててから頭皮に付け、泡で洗うようにし、2分ほどで終わらせます。その後しっかりすすぎます。

②頭皮ケア

・保湿

脂性の方も保湿は必要です。これは皮膚をガードすることによって外敵から頭皮を守り、栄養を外に漏らさないようにする効果もあります。ただし肌質に合うものを使うことが大切です。異常が見られればすぐに使用を中止してください。

・頭皮マッサージ

頭皮マッサージは頭皮の血行を促し、毛穴や皮脂の余分な脂や汚れを浮かす効果があります。シャンプー前に行うことで簡単に汚れがおちますので、頭皮への過剰に刺激を与える必要がなくなります。

③ドライヤー方法の改善

濡れたままの髪は負担になりますし、頭皮も蒸れて菌が繁殖して臭いやフケの原因になります。ただドライヤーを頭皮に当てすぎると乾燥します。手早く乾かすために、先にタオルで乾かすことは必須です。

④生活改善

・食生活の改善

髪や頭皮に必要な栄養としては、アミノ酸やミネラル、亜鉛、ビタミンです。脂の多いものを摂りすぎると血行が悪くなり、髪がパサついて白髪も増えます。魚介・海藻類にはアミノ酸やミネラルが多く含まれています。

・十分な睡眠

睡眠は成長ホルモンを分泌させ、壊れた細胞の修復をします。髪の生える毛母細胞の修復も当然行われ、頭皮の機能も正常にしていきます。また睡眠不足はストレスを加速させます。睡眠は体のあらゆる箇所に影響を与えます。

・ストレス発散

ストレスは現代社会において避けられない現象です。ストレス発散の方法は人それぞれですが、太陽の光を浴びる事はストレスを軽減させ、体の機能を整えます。自分に合う発散法を見つけつつ、太陽の光を浴びてください。

7、この症状は病気かも?フケかゆみを伴う頭皮の病気

①脂漏性皮膚炎

頭皮だけでなく耳の後ろや中、脇や背中など皮脂の分泌が活発な部分に起こるフケや湿疹の症状です。原因は通常のフケが出る原因に加え、マラセチア菌というカビが繁殖する事によって起こります。

②膿か性湿疹

膿か性湿疹は、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌によって引き起こされる湿疹のことです。衛生状態の悪い環境だけでなく、日焼け、虫刺されなど皮膚の怪我から菌が入り込むことによってできる事もあります。

③アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアレルギーを起こしやすい人や、皮膚のバリアが薄い人に起こりやすい、湿疹やかゆみを伴う症状です。乾燥して痒くなるだけという比較的症状が軽い方も、油断して放置しているとひどくなるため早めの対処が必要です。

④接触性皮膚炎

外部からの影響が主な原因のアレルギー反応のひとつです。いわゆる、かぶれと呼ばれる現象で、皮膚が赤くなったり腫れあがったりします。髪の毛で守られている頭ですが、金属などの装飾品からも引き起こされる可能性があります。

⑤皮脂欠乏症

皮膚を守るバリアである脂が減少することによって、かゆみが出る症状を指します。空気が乾燥していると当然頭皮にも影響がでます。乾燥からのかゆみのため、フケの原因にもなりやすいです。

⑥頭部白癬

別名シラクモとも呼ばれ、いわゆる水虫の頭部版です。菌が寄生することで楕円形に髪の毛が抜けたり、フケのようなクズが多くみられたりします。これは円形脱毛症や脂漏性皮膚炎と間違えられやすいですが、人や動物から感染します。

⑦しらみ

アタマジラミ、ケジラミがありますが、頭に付くものは主にアタマジラミです。髪の接触によって感染し、タマゴから幼虫までが約1週間、その後1週間で成虫になり、1か月ほど生息しています。卵を産むため繁殖力が高く、吸血されることでかゆみを伴います。

⑧乾癬

乾癬の90%が尋常性乾癬とよばれるもので、皮膚が赤く盛り上がり、細かいカサブタができ、フケのように剥がれていきます。原因は免疫機能の異常があり、ストレスや生活習慣が原因で悪化すると言われています。

ピックアップ記事

  1. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  2. 育毛剤の正しい使い方|薄毛改善に効果的なポイント!
  3. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  4. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  5. 若ハゲの原因とは?|すぐできる予防と対策を徹底解説!

関連記事

  1. 頭皮トラブル

    頭皮の臭いにおいの原因と対策

    頭皮については色々な悩みがあります。その中でも臭いについては、デリケー…

  2. 頭皮トラブル

    枕や寝具に残される抜け毛

    歳を重ねるごとに、抜け毛の本数が増えていく…朝、枕を見るのが怖いと思っ…

  3. 抜け毛につながる「頭皮が痛い」症状への対策

    頭皮トラブル

    抜け毛につながる「頭皮が痛い」症状への対策

    「頭皮が痛い」症状が、抜け毛につながることをご存知ですか。頭皮の痛みは…

  4. 頭皮トラブル

    頭皮にできものができる原因と対策法

    お風呂上がりや朝に髪の毛をとかしているとき、「痛い!」と感じたことは…

  5. 頭皮トラブル

    頭皮乾燥の原因と対策16選

    頭皮の乾燥は、頭皮のトラブルの代表的なものの一つです。頭皮の乾燥をほっ…

  6. 頭皮のかゆみは抜け毛のサイン

    頭皮トラブル

    頭皮のかゆみは抜け毛のサイン

    頭皮のかゆみと抜け毛に関係があることをご存知ですか。毎日の頭皮ケアは抜…

PAGE TOP