薄毛の原因

薄毛の原因と効果的な対策!!

最近髪の毛が薄くなってきたなー。。年齢や性別に関わらず、ある日鏡を見て、「あれ?」と思う瞬間がある人は少なくないでしょう。あるいは、そのことを過剰に意識するが故に、他人の目も気になり、精神的に疲れてしまっている人もいるかもしれません。


そんな方々によく見られるのが「薄毛は遺伝だからしょうがない。。」という思い込みです。遺伝は薄毛の原因のごく一部です。毒素の除去によって、薄毛予防はいくらでもできます。


薄毛の原因から具体的な対策方法までしっかり学んで、「思い込み」を払拭しませんか?

そもそも薄毛とは?

薄毛とは、髪の毛が早く抜けたり、細くなることで、髪の毛のボリュームが減る状態のことをいいます。どんな人でも髪の毛は一日当たり50~100本抜けると言われていますが、薄毛になると一日当たり100~200本以上になります。
日本では成人男性の4人に1人が薄毛症状を持つと言われており、「薄毛を気にしている」人は2人に1人とも言われています。それだけ薄毛は男性にとって身近な問題になっているという事なのです。

薄毛の原因

①男性ホルモン

男性の薄毛の原因で最も多いのが男性型脱毛症(AGA)です。男性ホルモンが前頭部から頭頂部の毛根に作用する事で、髪の毛の成長期が短くなり、毛根が小さくなってしまします。
これにより「軟毛化」(毛の数は変わらないが太く長い毛が再生されず、短く細い髪の毛に革ってしまう現象)が起こり、薄毛を引き起こしてしまいます。

②頭皮環境の悪化

頭皮は皮脂分泌が盛んで、洗髪しないでいると過剰に分泌された皮脂に汗やほこり、フケなどが混じり雑菌が繁殖して、頭皮が炎症を起こします。また、ご自身の頭皮に合わないシャンプーを使用していたり、頭皮ケアを怠っていると髪の成長に悪影響をあたえてしまいます。

③生活習慣の乱れ

不規則な睡眠、タバコ、アルコールの過剰摂取はかみの健康に悪影響を及ぼします。特に、夜は髪の成長を助ける副交感神経の働きが最も活発になる時間といわれています。生活リズムを整え、質の高い十分な睡眠を摂るようにしましょう。

④偏った食事

糖質や脂質が多く含まれている外食やコンビニのお弁当等を食べ続けていると、栄養バランスが偏り、薄毛につながることも。また、過度な食事制限を行なうようなダイエットも髪に影響を及ぼしかねません。

⑤ストレス

強いストレスを受け続けている事で、薄毛につながる事があります。円形脱毛症がその典型例として挙げられるでしょう。ストレスが脱毛を生じさせるメカニズムは明らかになっていませんが、自律神経に影響を及ぼし、頭皮の血流が悪くなったり、代謝がスムーズに行われなくなることなどが原因のひとつと考えられています。

効果的な薄毛対策

●バランスの良い食事

疎かにしがちな食事管理。ファーストフードやインスタント食品ばかり食べていませんか?
これらの食品には糖質や脂質に栄養が偏り、食べ続けていると髪の成長に影響を与えてしまいます。糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン等をバランスよく摂取していけるような食事を心がけましょう。
中でも、元気な髪の毛を作るのに欠かせないタンパク質、ビタミン、ヨード、亜鉛を積極的に摂っていきましょう。
急に食生活を変えるのは難しい。。という人は、1日3食のうちの1食を工夫してみる事から始めてみませんか?

髪の育成に効果的な食品
タンパク質:肉類(脂身を多く含まない物を選ぶのが大事!), 魚介類 ,大豆製品
亜鉛:レバーやあさり
ビタミン:緑葉色野菜, ナッツ類, 玄米等
ヨード:わかめ, 昆布, ひじき

●質の高い睡眠

夜は育毛を助ける副交感神経の働きが最も活発になり、髪が良く伸びる時間といわれています。睡眠時間は7~8時間取れる事がベストでしょう。しかし、普段からなかなかそんなに睡眠時間は摂れませんよね。。そんなあなたは、睡眠の質を高める事を意識しましょう。睡眠の質を向上することで、疲労の改善につながり結果的に育毛につながります。

睡眠の質を向上させる方法
・睡眠薬代わりのお酒を控える
・寝る30分前のスマホの使用を控える
・布団に入る1時間前に入浴をする

●適度な運動

運動不足の方は血流循環が悪く、髪に必要な栄養素が届いていない可能性があります。デスクワークの方は意識しないとついつい運動不足になりがちですよね。。普段から適度に体を動かすことを意識していきましょう。お風呂上がりのストレッチなどから取り組んでみると良いでしょう。

●ストレスの発散

ストレスを感じると、交感神経が活発になり血管が収縮し血流が悪くなります。結果、頭皮や髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなり、髪の毛が栄養不足となるのです。日頃から、ストレスをため込まないように自分なりのストレス発散方法を持っておくとよいでしょう。先に記述した適度な運動も良いかもしれませんね。

●タバコ・過剰なお酒の摂取を控える

喫煙することは血管を収縮させてしまいます。血管が収縮すると血行が悪くなるため、髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。急に喫煙は難しいという方は、一日に数本数を減らしてみる事から始めて見ませんか?
また、過剰な飲酒は、皮脂の過剰分泌につながり、毛穴詰まりの原因となって髪の毛が成長しにくい環境になってしまいます。お酒を飲むことがストレス発散だという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方も過剰な摂取には気を付けて、育毛に取り組んでいきましょう。

●頭皮を清潔に保つ

「いやいや髪の毛は毎日洗っているから清潔に保てているよ」という方こそ、このセクションは丁寧に読んでみてください。

洗髪

まず髪を洗うシャワーの温度には要注意です。熱すぎると過剰に皮脂を奪って頭皮が乾燥しまします。一方で低すぎると汚れた皮脂がたくさん残ってしまいます。育毛を考えると37~39℃がベストでしょう。

シャンプーの前には、しっかりとお湯で流すことが大事です。こうすることで1度目のシャンプーの泡立ちがよくなるため、泡が行き渡りやすくなります。頭皮全体をなでて、泡を頭皮におしつけるくらいでOK。逆に爪で強くこする方が目立つが、頭皮を傷めるので注意しましょう。

シャンプーの洗い流し方も大事なポイントがあります。ほとんどの男性は、うつむいて後頭部から洗い流すでしょう。そのため、男性は生え際(前頭部)に汚れが蓄積されがちです。前髪の生え際までしっかりと洗うようにしましょう!

洗髪後のドライヤ

生乾きのまま放置しておくことは、雑菌が繁殖し頭皮の荒れや悪臭につながります。しかし、髪を乾かす際のドライヤーの仕方に大きな注意点があります!それはドライヤーを「頭皮にはあてないようにすること」です。頭皮に直にドライヤーを当ててしまうと乾燥が進んでしまうため、15cm以上離して、髪の毛だけにあてるようにしましょう。

●ヘアケア商品の見直し

案外見落としがちなのが普段使用しているヘアケア商品と自身の髪との相性です。ヘアケア商品の効果には個人差があり、人によっては悪影響がある場合もあります。これまで使ってきた商品を一度見直してみましょう。ここではヘアケア商品の成分に着目して、育毛に適した商品を紹介していきます。

シャンプー

ノンシリコンシャンプーは人気がありますが、実は要注意です。シリコンは髪をコーティングする成分なので含んでいないほうがいいですが、「ノンシリコン」を強調する一方で悪い成分を使うシャンプーがあります。シリコンよりも、髪や頭皮に悪影響を及ぼす洗浄成分のほうをしっかりとチェックするようにしましょう。
合成の界面活性剤でしたら、避けるべきです。合成の界面活性剤は安くて泡立ちがいいので人気がありますが、皮脂を根こそぎ洗い落してしまいます。頭皮に潤いを保ちながら洗い上げるアミノ酸系のシャンプーをつかうのがおすすめでしょう。

簡単に洗浄成分を見分ける方法
「シャンプーが透き通っているか、いないか」です。アミノ酸使用のシャンプーは透き通ったものが多く、合成の界面活性剤使用のシャンプーは濁ったものが目立ちます。

育毛剤

実は市販の育毛剤には、髪や頭皮をかえって傷めてしまうものもあります。エタノールをはじめとしたアルコールが多いものは刺激が強すぎるので、使わないようにしましょう。アルコールが使われるのは、殺菌作用によって品質保持をする、水と混ざりにくい成分を溶かしやすくするといった理由によります。

●頭皮のマッサージ

頭皮マッサージは血行を良くするだけでなく、頭皮の新陳代謝を活発にし、精神をリラックスさせてストレス解消にも役立ちます。ここではさっと10秒もあればできる簡単な頭皮マッサージを紹介します!

①耳たぶをつかんで下に引っ張ったり、耳全体をつかんで上下横にと動かします。
 ※ポイントは耳を根元から動かすこと。しっかり親指と人指し指の関節で耳たぶを挟むようにするとやりやすい。

②テーブルの上に両肘をついて固定しながら、両手のひらで頭を挟みます。気持ちよいと感じる所を掌底で圧をかけてグリグリと押します。

●発毛剤・育毛剤の使用

年齢問わず薄毛が気になった時が発毛剤、育毛剤のはじめ時です。発毛剤や育毛剤は最終手段と身構えずに早めの利用を開始する事で、薄毛の進行を遅らせることができる可能性があります。














薄毛の原因に関するFAQ









Q1.頭皮マッサージは薄毛治療に効くの?

A.振動圧刺激が薄毛治療に効果があります

髪が生えてくる根の部分には「新しい髪を生やそう」というシグナルを出す「毛乳頭細胞」があり、この細胞が活性化していることでヘアサイクルが正しく行われ、健康な髪が育ちます。

ヒトの毛乳頭細胞を用いた実験では、毛乳頭細胞に超音波で振動圧を与えたところ、何もしない時に比べて約1.3倍もの細胞が活性化したことが証明されてます。

また育毛剤に含まれる成分「ミノキシジル」を細胞に投与した場合も、振動刺激と同じように1.3倍程度細胞が活性化し、その際に振動を用いた場合には、平常時の1.5倍ほどの効果が見られたとの結果が示されました。





Q2.朝シャンが抜け毛につながるってホント?

A.朝シャンは頭皮環境を整えるため、抜け毛の原因にはなりません

皆さん、夜にはシャワーを浴びて髪を洗い流しますよね?

しかし夜にシャンプーをしても、朝になると頭皮の皮脂は洗髪直後のおおよそ400倍にもなっています。

頭皮に残った皮脂などの汚れは、日中紫外線に反応して酸化し、頭皮と毛根にダメージを与えてしまいます。
そのため、朝シャンをすることで頭皮の余計な汚れを洗い落とすことはとても効果的です。

しかし、ここで注意したいのが、

  • 「朝だけシャンプーをしたり、洗いすぎてしまう事」です。

「朝シャンをするから、夜のシャンプーはいいや」としてしまうと、

頭皮溜まった汚れが炎症の原因になり、抜け毛のリスクが高まってしまいます。

一方で、頭皮を洗いすぎると、足りなくなった脂分を補おうと過剰に皮脂が分泌されてしまい、毛嚢炎やフケなどの原因になってしまいます。
そのため、シャンプーは1日2回程度にとどめておくのが好ましいでしょう。

そしてシャンプー後は、濡れた髪や頭皮をしっかりと乾かさないと雑菌が増えてしまい、せっかくシャンプーをしても頭皮環境が悪化してしまいかねません。

頭皮が乾燥しすぎるのも抜け毛の原因になるため、

最低でもドライヤーを頭皮から15cm離す事を意識しながら、髪の毛はしっかりと乾かすことが重要です。









まとめ

これまで、薄毛の原因の一覧や効果的な対策方法まで読んでいただきましたが、いかがでしたでしょうか?
これまで「薄毛の原因がわからない…」と不安に感じていた方は少しでもその不安が取り除けていればうれしいです。
日々のちょっとした積み重ねが薄毛予防につながっていきます!
今日から少しずつ取り組んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  2. 若ハゲの原因とは?|すぐできる予防と対策を徹底解説!
  3. 育毛剤の正しい使い方|薄毛改善に効果的なポイント!
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  5. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える

関連記事

  1. 薄毛の原因

    薄毛は遺伝するのか?への答え

    親や親戚がハゲている。20代の頃から薄毛が進行している。いろいろな育…

  2. パーマではげるって本当?パーマとはげの関係

    薄毛の原因

    パーマではげるって本当?パーマとはげの関係

    「パーマをかけるとはげる」という噂があります。オシャレに見えて、イメー…

  3. お酒好きは注意!アルコールは薄毛の原因になる

    薄毛の原因

    お酒好きは注意!アルコールは薄毛の原因になる

    「お酒も薄毛の原因になる」というのは、薄毛改善に取り組む私達にとっては…

  4. 薄毛の原因

    喫煙するとハゲる?タバコと薄毛の原因は?

    タバコを吸い続けると肺がんなどの呼吸系器官の疾患を始めとする悪影響を身…

  5. 薄毛の原因

    若ハゲの原因とは?|すぐできる予防と対策を徹底解説!

    20代~30代後半までの方でも「最近鏡で見ると髪の毛が薄くな…

  6. 薄毛の原因

    あなたの抜け毛を進行させている食事8選

    抜け毛にはいろいろな要因がありますが、多くの場合、生活習慣が影響して…

PAGE TOP