薄毛の対策

白髪の人は薄毛にならない?|AGAと白髪の関係性

1. 髪の本来の色は白!?

髪の毛の色はもともと「黒」だと思われている方は多いのではないでしょうか?
しかし、髪本来の色は「白」なのです。

髪の毛が成長する過程で、色素細胞である「メラノサイト」の作用を受け、黒い色素を与えられることで黒く色づきます。



〇髪色には、あの「メラニン」が関係してるの?

先程ご紹介したメラノサイトの役割は、
「チロシン」というアミノ酸から「メラニン」を作り出す
事です。

「メラニン」・・・ この言葉をよく耳にしませんか?

そう、実はこのメラニンは、肌のシミやそばかすの原因となる物質で、多くの奥様方が嫌う存在ですよね。
このメラニン、美白の肌には憎き存在ですが、髪の毛にはとても大事な働きをしていて、髪の毛の黒い色はメラニン色素が影響しているのです。



~メラニンについての豆知識~

実はこのメラニン色素は、
「肌の一番奥まで紫外線が届かないようブロックし、紫外線から肌細胞を守ってくれる役割」も持っています。

本来、生成されたメラニンは肌のターンオーバーによって垢と一緒に排出されます。しかし、紫外線により肌細胞に異常が起こると、過剰にメラニンがつくられ、排出しきれずに肌に残ってしまいます。

また、ターンオーバーの乱れもメラニンが肌に残る原因となります。過剰な日焼けや加齢によってできる「シミ」がこれです。

また、髪の色はその人が持つメラニンの種類と量で決まります。

メラニン色素には「ユーメラニン(黒褐色系)」と「フェオメラニン(黄赤色系)」の2種類があります。

そのため、真っ黒な髪の人もいれば、茶色がかった髪をした方もいらっしゃいますよね。この差は2種類のメラニン色素の割合から生まれているのです。






2. 白髪が生える原因って何!?

〇加齢

老化と共にメラノサイト(色素細胞)の働きが弱くなり、メラニン色素の生成が減少することにより白髪が発生します。

また、髪は通常2年~6年かけて生え、抜け落ちます。
その際、髪の毛を作る細胞と共にメラノサイト(色素細胞)も同時に消失します。
髪が生えるときにメラノサイトも再生するのですが、
加齢により再生されない場合もあり、白髪となります。



〇遺伝

白髪の発生に遺伝的要素があることは医学的に解明されていません。
しかし、若白髪は加齢による白髪とは異なり、

10歳代後半から20歳代に白髪になり、両親のどちらかが若白髪の場合遺伝することがあります。



〇生活環境の悪化(ストレスや栄養不足)

強いストレスを受けることで自律神経が乱れます。

筋肉が緊張することにより血管が収縮し血流が減少し血行が悪くなることで髪に必要な栄養素が届かなくなってしまいます。

髪の色素を作るメラノサイト(色素細胞)の働きも弱くなってしまう為、白髪の原因となります。







3. 白髪の人は薄毛にならないってホント?

A. 発生メカニズムが異なるため、そうとはいえません

「白髪の人は薄毛にならない」。誰もは一度はこの説を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

この真相を突き止めるため、白髪とAGAの発生メカニズムを見てみると…

  発生メカニズム
白髪 メラノサイトの機能低下により、メラニンが生成されなくなる
AGA 男性ホルモンや頭皮環境の悪化により、ヘアサイクルが乱れる



上の表を見ると、発生のメカニズムは全く違う事が分かりますね。

ただ、白髪もAGAも悪影響を与える要因に、生活習慣、食事、ストレスなど共通しています。

健康に良くない生活習慣は、やはり髪にも良くない事ですので、
体のためにも髪のためにも、日ごろの生活習慣に気をつけ、心身共に健康な生活を送りましょう。






4. 白髪って治るの?

残念ながら、今現在は白髪に有効な治療法はまだ見つかっていません

過度のストレスや乱れた生活が原因の白髪は、改善が見込める場合もありますが、加齢や遺伝などが原因の白髪の場合、黒い色を取り戻すことは難しいでしょう。

白髪が気になってつい抜いてしまう人もいらっしゃいますが、無理矢理毛を抜くことは毛根にも頭皮にも負担となります。頭皮に悪影響があるため抜くのはやめましょう。

白髪の場合、治すことを考えるより、対処を考える方が現実的であると言えます。





5. 白髪は治らなくても薄毛は改善できる!

しかしここからは薄毛の方も、今まで「自分は薄毛はならない!」と安心してしまっていた白髪の方も必見です!

「白髪」と「薄毛」の大きな違いは、治るか否かです。

白髪の効果的な治療方法は確立されていません。そのため、白髪対策といえば髪の毛を白髪染めし、白髪に見せないという対策しか手段はありません…。白髪は治すことはできないのです。

一方、薄毛(AGA)は治療方法が確立され、クリニックで薄毛治療を受けたり、自宅での薄毛対策を行なうことで予防することができる、もしくは治る可能性があるのです。

薄毛(AGA)の効果的な対策をご紹介した記事を以下に記載したので是非ご参考になってください。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか?
これまで白髪に関してのあらゆる疑問や、「白髪」と「薄毛」の関係性に関してご紹介してきました。
残念ながら、白髪を治す事は出来ません。ですが、薄毛は改善することが出来ます。
是非、早いうちから薄毛対策・薄毛予防に取り組んでみてください!

ピックアップ記事

  1. 育毛剤の正しい使い方|薄毛改善に効果的なポイント!
  2. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える
  3. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  4. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  5. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開

関連記事

  1. 薄毛の対策

    実は大事、頭皮の保湿

    頭がかゆい!洗ってもすぐに臭くなる!フケが出る…、もしひとつでも当て…

  2. 薄毛の対策

    はげ予防に効果的!正しいシャンプーの仕方

    1. ハゲの原因はシャンプーの仕方にあるの?「鏡越しに見る自…

  3. 薄毛の対策

    頭皮クレンジングは薄毛予防に有効的?

    近頃、頭皮のベタつきや匂いに悩んでいませんか?そんな時は、頭皮をしっか…

  4. 薄毛の対策

    AGA治療を徹底解説!気になる効果や費用

    1. AGA治療は3種類!AGA治療は大きく分けて3種類あり…

  5. 薄毛の対策

    育毛サプリの成分と効果|サプリ選びまで徹底解説!

    1.育毛に効果的な成分って何? そもそもサプリメント…

  6. 薄毛の対策

    その食生活が薄毛につながる!?食べ物と薄毛の関係  

    実は普段の食生活にも薄毛の原因は隠されていました。髪の毛は皮膚や爪…

PAGE TOP