薄毛の対策

薄毛男性必見!似合う髪型&オシャレ3原則

「どうにかして薄毛を隠せないかな…」
「薄毛でもオシャレ見える髪型ってどんなのがあるんだろ?」

など、薄毛が気になってくると考えてしまいますよね…。

そこで本記事では、薄毛の男性でもオシャレに見える3つのエッセンスをご紹介します!

また記事の後半では、薄毛のタイプを
・頭頂部タイプ
・生え際タイプ
・頭頂部×生え際タイプ

の3つに分けて、タイプ別のおすすめな髪型をご紹介していきます。

オシャレに薄毛を隠している間に、薄毛対策をしっかり行なっていきましょう!




1. 薄毛でもオシャレに見せる髪型|3つのエッセンス

①前髪を立ち上げて、額を見せる

生え際部部分がハゲてきており、額が気になるのであれば、

前髪を中途半端におろすのは避けて、髪を立ち上げましょう

前髪を立ち上げる事で、他人の目線を上に誘導することができるのでおすすめです。
更に、前髪を立ち上げたショートヘアは清潔感を与え、女子うけも抜群です。


②サイドや襟足はすっきりと!

薄毛の方の多くは、サイド(側頭部)の毛が濃くて、トップ(頭頂部)の毛が薄くなっている場合が多いのが特徴です。

そのため、サイドや襟足が長いと、余計に頭頂部の薄毛を目立たせてしまいます。

サイドや襟足はすっきりと、トップの髪は分量を残すことで視線が上がり、

”バランスがよく”
“ボリューム感があるように”

見せることができます。


③毛先に動きを出す

髪の毛を一定の方向に流すと、毛量の少ない場所が際立って見えてしまうことがあります。
そのため、スタイリングをする際には、髪の毛をさまざまな方向に動かすのが良いでしょう。
また、スタイリングする際には、ワックスなどのスタイリング剤を用いることで、髪の毛の動きをつけやすくなり、ボリュームも出しやすくなります。

薄毛の状態や好みに合わせて、適切なスタイリング剤を選んでみてください。


2. 薄毛の種類別おすすめな髪型

頭頂部タイプ

・ソフトモヒカン

出典:ビューティーBOXヘアスタイルビューティーBOXヘアスタイル

ソフトモヒカンは、「サイドに対してトップにボリュームを持たせ、三角形を作る髪型」です。

・縦ラインにボリュームが出るため、薄毛が目立ちにくくなる
・サイドとトップの毛量の差がしっかりでる。

といった点から、頭頂部や全体の薄毛が目立ちにくくなります

前髪を立ち上げる必要があるため、生え際タイプの人にはおすすめできません。


・ツーブロック

出典:ビューティーBOXヘアスタイルビューティーBOXヘアスタイル

ツ―ブロックとは、「頭頂部の髪を残し、耳の上から下にかけて刈り上げた髪型」です。

・サイドを刈り上げることで、トップのボリューム感を演出できる
・爽やかな印象を与えられる
・ソフトモヒカンに比べ、トップのボリュームが少なくなるため、落ち着いた印象を与えられる

こういった点から、「頭頂部」や「全体」の薄毛が目立たなくなります。


・オールバック

出典:ビューティーBOXヘアスタイルビューティーBOXヘアスタイル

オールバックとは、「前髪やサイドを伸ばし、髪の毛をすべて後ろへ流す髪型」です。

・頭頂部のボリュームが増える
・全体的にまとまりのある印象を与えられる。

これらの理由から、「頭頂部」の薄毛が目立ちにくくなります。
ビジネスシーンにも適しているため、特に、40代以降の方にはおすすめです。


生え際タイプ

・パーマスタイル

出典:ビューティーBOXヘアスタイルビューティーBOXヘアスタイル


パーマスタイルでは、「パーマをかける事で髪の毛をうねらせる髪型」をつくっていきます。

・髪がうねることでボリュームを演出できる
・生え際の後退が目立っていても、前頭部付近の髪にパーマをかけることで、M字部分をカバーできる

このような点から、あらゆる薄毛に対応できます。
また、パーマの強さを調節することで、スタイリングのアレンジがしやすくなるとともに、ジェルやワックスで簡単にスタイリングできるため、朝の時間にゆとりを持ちたい方にも向いているでしょう。


・ショートカット

出典:ビューティーBOXヘアスタイルビューティーBOXヘアスタイル

ショートカットとは、「頭頂部から前髪にかけて段差を作る髪型」です。

・髪全体に動きが出るため、M字部分がうまく隠れる。
・長さやボリューム次第でアレンジがしやすい

といった特徴から、「頭頂部」や「全体」の薄毛をカバーすることができます。

風が吹いても髪型が乱れにくいため、屋外で仕事をしている方や外出時にも簡単に手直ししやすいでしょう。また、サイドを刈り上げるツーブロックと併用することで、ビジネスマンにもおすすめの爽やかなスタイルになります。


・ベリーショート

出典:ホットペッパービューティー

ベリーショートは、「ショートと比較して全体的にさらに短くした髪型」です。

・髪全体に動きが出るため、M字部分がうまく隠れる。
・より爽やかでスポーティーなイメージを与えられる。

こういった特徴があります。

ハードタイプのヘアワックスで、髪を立たせるようにスタイリングすると、
より爽やかに、かっこよく仕上がるでしょう。





頭頂部×生え際タイプ

・オシャレ坊主

出典:ホットペッパービューティー                       

                      

オシャレ坊主は、「わずかに髪を残して剃る丸坊主とは異なり、全体的に短くカットした髪型」のことです。

・生え際が後退しているように見えない
・頭頂部が薄くなっている印象も与えにくい

といった特徴があるため、「生え際」の薄毛を目立ちにくくします。
かなり進行した頭頂部タイプには対応できないため、美容師の方や理美容師の方に相談することをおすすめします。




3. こんな髪型はNG….

ついついやってしまうあの髪型…。

最後に薄毛の人が避けた方がいい髪型について確認しておきましょう。




薄毛を無理に隠す「ロングヘア」

薄毛を無理に隠そうと、髪を伸ばす方がいます。

・髪が長ければ長いほど、ボリュームが少ない部分が目立つ
・ワックスやジェルで薄毛を無理に隠したとしても、風が吹けば簡単に崩れてしまう

これらの点から、薄毛の人は避けた方がいいでしょう。
どれだけ髪を伸ばしても、他の部位の薄毛を隠すことはできません。


生え際の後退を隠すための「長い前髪

生え際の後退が気になる方は、前髪を伸ばしてしまいがちです。
前髪を伸ばしても、

・M字の部分が余計に目立ってしまう
・伸ばせば伸ばすほど前髪がまとまらず、不潔な印象を与える可能性がある。

ということも考えられます。
ショートヘアや前髪を上げれば、薄毛を目立ちにくくできるうえに、清潔感を演出することも可能です。






4. 薄毛に関するFAQ

Q1. 髪型以外で意識すべきポイントはある?

A. ワンポイント加えることで、オシャレな印象を与えることができます。

オシャレな髪型に、

  • メガネ
    ⇒短髪+前髪あげにメガネの組み合わせは、知的で爽やかな印象を与えやすい
    このメガネは伊達メガネでもかまいません。
  • ヒゲ
    ⇒あごや口元にヒゲを生やすことで、ダンディーな「男性らしさ」をアピールすることができる
    ※しかしキレイに整えておくことがポイント!整えていないと逆に不潔な印象を与える可能性があります。

などのファッションをプラスすることで、顔に視線が集まるとともに、顔全体のバランスが整ってよりオシャレな印象を与えることができます。





Q2. 自分に似合う髪型が分からない時には?

A. 一度美容院に行き、自らの顔・頭の形に合った髪型を相談しましょう

この記事でご紹介した髪型はあくまでおすすめの髪型なので、あなただけにあった髪型を選択していく必要があります。長さやスタイリング方法はアレンジしても問題ありません。

「丸顔だから刈り上げは似合わないかも」

「今の髪の長さはキープしたい」

といった場合でも、美容師さんに相談することで、

  • 顔の形
  • イメージする髪の長さ
  • 薄毛の状態

などから、あなたに一番似合った髪型を提案してくれるはずです。また、同じ髪型でもセットの仕方やスタイリングの方法で印象がガラッと変わるので、一度美容院に相談に行くのがおすすめです。






Q3. 今からできる薄毛対策を教えてほしい!

A. 育毛シャンプーの使用や、髪の成長を促すバランスの良い食事を摂ることがおすすめです。

薄毛の進行には、「頭皮環境の悪化」「頭皮の栄養不足」が影響しています。

育毛シャンプーを用いることで、頭皮環境を整え、頭皮トラブルを招くフケや皮脂などを防いで清潔な状態に保つ事ができます。

育毛シャンプーや正しいシャンプーの仕方に関しては「はげ予防に効果的!正しいシャンプーの仕方」を参考にしてください。


また、頭皮の栄養不足には、

  • 髪に必要な栄養を取る
  • バランスの良い栄養を摂取する

といった事を意識して食事を取っていくことが大切です。

普段の食事に以下の食材をプラスして、食生活から薄毛対策を進めましょう。

ハゲ対策に効果的な食材

毛を育てる「タンパク質」を含むもの
⇒鶏肉、卵、魚 、赤身肉など
抜け毛を防ぐ「イソフラボン」を含むもの
⇒大豆、納豆、豆腐、黒豆など

さらに薄毛対策について知りたい方は、薄毛対策5選|簡単&効果的な対策をご紹介!をご覧ください。






Q4. これ以上ハゲが進行したらどうしたら良いの?

A.「育毛剤」や「発毛剤」などの使用を検討してみましょう

育毛シャンプーを使ったり食生活を改善しても薄毛の進行が止まらない場合、より薄毛の改善効果の高い「育毛剤」や「発毛剤」の使用を検討してみましょう。

「育毛剤」と「発毛剤」は効果が異なり、以下のような特徴があります。

育毛剤
髪の毛を太く育て、抜け毛を防ぐ
⇒抜け毛を予防して現状維持したい方におすすめ
発毛剤
脱毛箇所に新たに髪の毛を生やす

育毛剤については「育毛剤って効果ある?真相を徹底解明!」を参考にしてください。




5. まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事では、薄毛の方がオシャレに髪型をキめるポイントや、幾つかの髪型の例をご紹介させていただきました。

髪型で薄毛をサポートしているうちに、薄毛対策をしっかりとして、
生き生きとした育毛ライフを送っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の成分を大公開
  2. 若ハゲの原因とは?|すぐできる予防と対策を徹底解説!
  3. BUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめな理由
  4. 薬用スカルプエッセンスBUBKA ZERO(ブブカゼロ)とは?
  5. BUBKAサプリ THE ENZYME(ザ・エンザイム)が土台から変える

関連記事

  1. 薄毛の対策

    薄毛対策5選|簡単&効果的な対策をご紹介!

    1. 薄毛対策って効果あるの?「よく薄毛は遺伝って言われるし…

  2. 薄毛の対策

    実は大事、頭皮の保湿

    頭がかゆい!洗ってもすぐに臭くなる!フケが出る…、もしひとつでも当て…

  3. 薄毛の対策

    めざせ良質な睡眠!髪は寝て育てる

    慢性的な睡眠不足は、薄毛や抜け毛を増加させる原因になります。髪は日中…

  4. 薄毛の対策

    その食生活が薄毛につながる!?食べ物と薄毛の関係  

    実は普段の食生活にも薄毛の原因は隠されていました。髪の毛は皮膚や爪…

  5. 薄毛の対策

    乾燥頭皮には化粧水が効果的?

    頭皮の乾燥は、頭皮トラブルの原因となります。頭皮の乾燥は頭皮用の化粧水…

  6. 薄毛の対策

    頭皮の脂、落としすぎに注意!

    毎日しっかりシャンプーしているのに頭皮が脂っぽくベタベタする、臭いが気…

PAGE TOP